訪問看護ってなぁに?
患者様のお宅に看護師または理学療法士がお伺いし、主治医の指示の内容のサービスを提供することです。
サービスの内容ってどんなもの?
医師の指示に基づき、床ずれの防止や手当て、各種かルーテル管理、病状や体調の測定・観察、服薬管理、看護師による入浴や清拭、排泄といった生活介助など自宅で生活する上での「ちょっとした困ったことから医療的なことまで」病棟経験豊富な看護師がご自宅を訪問し、お手伝いします。
また、在宅経験豊富な理学療法士(リハビリの専門家)も常勤しておりますので、機能訓練(筋力強化、関節可動域訓練等)だけではなく、寝たきりの患者様の拘縮(関節が固くなること)予防や歩行訓練、バランス訓練(転倒予防)、日常生活動作訓練なども、ご自宅に居ながら、患者様のライフスタイルに合わせて受けられます。
もちろん、主治医の先生や福祉サービス提供期間との調整、在宅介護のご相談やアドバイスもさせていただきます。
費用はどれぐらいかかるの?
患者様の年齢や疾患によって使用する保険(介護保険・医療保険)が違います。
お気軽にお問い合わせください(072-734-7750)
どうすれば来てもらえるの?
まずは主治医、担当のケアマネジャーにご相談ください。
相談先がなければ、当事業所に直接お問い合わせください。
リハビリとマッサージは同じもの?
循環を良くし筋肉の緊張を緩めることで痛みを和らげたり、関節を動かしやすくする(拘縮の予防)といった点では同じような効果があると思われます。しかし「リハビリ」と「マッサージ」には大きな違いがあります。それは「マッサージ」が前途を主たるものとするのに対し、「リハビリ」は筋力強化や体力向上、バランスの改善(転倒予防)日常生活動作の改善ができるという点です。
リハビリ後の筋肉痛の緩和、筋緊張が亢進している場合にそれらの改善を図ってストレッチを行いますが、これをマッサージと思われる方が多いようですね。
みのおリハビリ訪問看護ステーションではどんなリハビリをしてくれるの?
当ステーションの理学療法士が行う「リハビリ」では、上記の点を踏まえて、利用者様の身体を総合的に診て、ストレッチ(マッサージを含む)・運動療法(筋力増強訓練・バランス訓練・日常生活動作訓練等)を組み合わせて、利用者様に適した運動メニューを提供していきます。
ご自宅でマンツーマンのリハビリを行いますので、普段使用しているベッド・椅子・階段などを利用して生活に必要な動作訓練を行うのも特徴です。基本的には40分のメニューを組んでいますが、利用者様の状態により多少前後することがあります。
「訪問リハビリ」と「訪問看護から行くリハビリ」はどう違うの?
前者は病院の理学療法士がご自宅に訪問し、リハビリを行うもので、後者は訪問看護ステーションの理学療法士が訪問して行うものです。
リハビリの内容は各々の施設によって違いますが、当ステーションでのリハビリの内容は上記の内容をご参照ください。
利用者様の変化がいち早く解る担当制なので、早期に次のステップに移ることが可能です。詳しくは直接お問い合わせください。
 

採用について

RECRUIT

株式会社フィジオプラスでは求人を募集しております。